通関士を取ると仕事は選びたい放題になる!?

通関士の資格を持っているだけで、就職や転職をする際に非常に有利になります。それだけ、会社が求めていることが多いのです。実際に求人を見てみると、資格の有無を問われているものが多いことに気付きます。
なぜ、そこまで有利となるのか、またどんな仕事に就くことができるのか、簡単に説明していきましょう。

日本は貿易が盛んな国です。日本製品の輸出はもちろんのこと、各国からの輸入も多く行われております。特に食料に関しては、輸入依存度が高いのはご存知かと思います。だからこそ、税関での手続きも頻繁に行われており、通関士の役割というのも非常に大きなウエイトを占めております。つまり、貿易関連の企業からしてみると、資格を所有している人はとても貴重であり、必要な存在なのです。
実際に、貿易会社で働く方は、会社から通関士の資格の取得を勧められることはもちろん、中には試験を受けることを義務付けられているところもあるぐらいです。

活躍できるのは何も貿易会社だけとは限りません。就職先は、運送会社や流通会社、また航空会社と様々な選択肢が広がります。また商社やメーカーなど海外と取引することが多い職種も、取引において通関士の知識が必要となる場面が出てくることから、必要としております。
ただ、独立や開業をすることができないため、その点は覚悟しなければなりません。

通関士とは、仕事を選びたい放題にしてしまう可能性を秘めた、非常に価値の高い資格なのです。世界を舞台に活躍したいという人にとっても、魅力的な職業であることは間違いありません。